100余年もの昔、アメリカ大陸に夢を馳せ、打瀬舟と呼ばれる小さな帆船で太平洋を渡った先人
Predecessors who crossed the Pacific Ocean with the small sailing boat which drives a dream to a U.S. continent a long time ago [ about 100 year thing ], and is called utasebune


「北針の物語」 船長 上野留三郎
"Tale of the north needle" Captain RusaburoUeno



●冒険とロマンの浜 真網代源蔵前
当時の「天神丸が出港した八幡浜市真網代の源蔵前

 大正2年、今から80年以上も前のことです小さな入り江、八幡浜市真穴地区の真網代源蔵前。 アメリカに夢を馳せた川上の浦人15名が太平洋横断を期し小さな入り江、,,真網代源蔵前からわずか15メートルほどの打瀬船と呼ばれる帆船でこの地を出航したのです。

 彼らの船は伊方村豊之浦で千円で購入した80石積みの和船琴平丸で、米20俵、干魚等の副食物、飲料水を積み込み、上野留三郎を船長に「簡略ナル地図及磁針ヲ準備」して1914(大正3)年旧暦の4月14日(新暦5月20日)頃、夜半密かに真網代源蔵前浜を出帆した。
 
 北針(きたばり)と呼ばれる木枠の磁石を頼りに伊豆大島までに28日、これより東北に向って潮流と帆だけを頼りに航海を続け、途中、天候不良、大波で船が転覆しそうになるなどの危険を乗り越え、伊豆大島を出て55日目にポイント・アリーナ付近に上陸した、距離にして1万1000キロ、まさに大偉業でした。

 上陸日の午前中に霧の中で出会った汽船に通報されたようで、8月9日、10日の両日に15名全員が捕えられ、再び琴平丸に収容されて小さい汽船に曳航され、14日にサンフランシスコ移民局に引き渡され、密入国の疑いで取調を受けました

 残念ながら数日後、乗組員一行は密航者として日本へ強制送還されましが、わずか50トンの小船で太平洋を横断し、勇躍新天地へと向かった15人の行動は、全米の新聞に「コロンブスのアメリカ発見にもあるまじき奇蹟なり」と報道された。

 また、そのことは真穴村の地元民にも勇気を与え、翌年、翌々年と夢を求める多くの若人たちが航海に挑んだといいます。そして、現実にアメリカで一旗揚げる者もかなりの数に上ったそうである。
 
 この話は北針物語として浦人に語り継がれ、真穴の船出の浦に顕彰碑が建っています、又この話は「北針」 (1982年): 大野 芳著という本にも書かれました。
 
八幡浜市保内町川之石の吉田亀三郎を始めとする5人が川之石港出航してアメリカ、サンディエゴ市北郊のフラットロック海岸に着いてから3年後のことでした。

現在の源蔵前に作られた「冒険とロマンの浜・ 源蔵前」記念碑






北針(きたばり)と呼ばれる木枠の磁石を頼りに伊豆大島までに28日、これより東北に向って潮流と帆だけを頼りに航海を続け、途中、天候不良、大波で船が転覆しそうになるなどの危険を乗り越え、伊豆大島を出て55日目にポイント・アリーナ付近に上陸した、距離にして1万1000キロ、まさに大偉業。


詳しくは  大野 芳著  「北針」


豊後水道 - 八幡浜⇔ 真穴・三瓶 八幡浜から海岸沿い 愛媛の海より


 ※主な見所
 ◎諏訪崎
 八幡浜港から海岸沿いに三瓶方面に行くとすぐ諏訪崎の入り口に着きます、諏訪崎はは宇和海に突き出した約4kmほどの小さな岬です。正式には「自然休養林諏訪崎」と言います。「四国20景」に選ばれています。 

駐車場をおりて自然道を通って海岸へ降りて行くと展望台があります、対岸(佐田三崎側や真網代側)から小さく見える赤い灯台と白亜の塔が真近に見えます。