周桑郷、庄屋・地主達の系譜
  愛媛県西条市

塩崎氏 佐伯氏 臼坂氏
青野氏 一色氏 平塚氏
近藤氏 黒川氏



 
菅氏  


菅氏は大三島に多く住まわれている一族です。

 

「菅」氏の出自を探求

「菅」氏は全国で一番、愛媛県に多く分布し(約1,380世帯、特に今治市(大三島)、西条市、久万高原町、松山市詳細は別紙)家紋は梅鉢紋です。

 1,380人菅さんの分布

地域

人数

地域

人数

松山市

271

今治市

603

宇和島市

3

八幡浜市

21

新居浜市

85

西条市

186

大洲市

6

伊予市

14

四国中央市

22

西予市

8

東温市

21

越智郡上島町

4

上浮穴郡久万高原町

107

伊予郡松前町

6

伊予郡砥部町

14

喜多郡内子町

0

西宇和郡伊方町

0

北宇和郡松野町

2

北宇和郡鬼北町

4

南宇和郡愛南町

3

「菅」氏の読み方は東日本では「すが」や「すげ」と呼ばれることが多いようですが、西日本では「かん」と呼ぶのが主流です。

 梅鉢紋を使用し菅原道真公(菅公とも呼ばれていた)の末裔であるとの伝承があるので菅公のルーツからスタートしてみましょう。

菅原道真は天穂日命の子孫で、大相撲の祖として知られる野見宿禰を先祖とする土師氏の子孫。平安時代初期の古人が大和国菅原邑に住んでいたことから、以降、菅原氏を名乗る。

菅原古人の子清公(770年〜842年)(従三位・非参議)、および孫の是善(812年〜880年)(従三位・参議)を含め、大江氏と並んで子孫は代々、紀伝道(文章道)を家業として朝廷に仕える。

天穂日命とは何かというと。
アメノホヒは、日本神話に登場する男神。天之菩卑能命、天穂日命、天菩比神などと書かれる。

アマテラスとスサノオが誓約をしたときに、アマテラスの右のみずらに巻いた勾玉から成った。物実の持ち主であるアマテラスの第二子とされ、アメノオシホミミの弟神にあたる。葦原中国平定のために出雲の大国主神の元に遣わされたが、大国主神を説得するうちに心服してその家来になってしまい、地上に住み着いて3年間高天原に戻らなかった。その後、出雲にイザナミを祭る神魂神社(島根県松江市)を建て、子の建比良鳥命は出雲国造らの祖神となったとされる。 ここはコピペです・・・

愛媛県内の菅氏諸家の言い伝えでは、菅原道真公が太宰府に流される途中大三島に立ち寄り兄弟の一部がそのまま島に残留し大山祗神社の神主を務めたとか? 戦国時代は村上水軍の傘下に菅水軍というのがあってその末裔だったとか? 戦国末期伊予に攻め込んで来た土佐の長曾我部氏と戦で東温市井内を通り久万高原町に来て其の侭土着した等色々あるが、ここで見えてくるのは愛媛菅氏の大方は大三島に継ると云う事です。

そこで一色説をご披露いたしましょう(^_^;)

愛媛の菅氏は淡路島の北岸から東岸の水軍(菅水軍)を率いていた菅平右衛門達長(かん へいえもん みちなが)と大きな係わりがあります。

菅平右衛門達長の家紋は梅鉢紋、菅原道真の流を汲むといい戦国末期の淡路島洲本城一万国を本拠としたが、天正十年、羽柴秀吉の軍勢が上陸するとたった一日で落城、達長は逃亡しその後も城を奪回すべく、天正十一年(1583)四月、長宗我部元親の弟(香宗我部親康)の与力になるなど菅平右衛門達長は土佐の長宗我部家と結びつきました。

この時期菅党の一部は長曾我部軍と共に四国山脈越の伊予攻めに加わり伊予国平定後、国境の久万高原町に定住したのがこの地に現在も暮らしている久万「菅」氏のルーツです。わかりましたか?久万高原町出身の菅さん(^O^)しかしあくまで一色説ですのでご注意を・・・・

この伊予攻めでは菅氏軍は現東温市井内の戒能氏や荏原城の平岡氏等を攻めたのではないか?

話は戻ります///菅平右衛門達長は、豊臣秀吉の四国攻めが起こると、ついに長宗我部氏と共に秀吉の軍門に下りました。

達長は秀吉麾下の水軍として一隊を率い、九州攻め、小田原攻め、朝鮮出兵と出陣し、朝鮮出兵では舟奉行の一人に加えられたと云います。

朝鮮出兵時における水軍の編成は『天正記』第七巻所収「朝鮮国御進発の人数つもり」に出てきます。                 文禄の役 朝鮮国船手の勢

千五百人   

九き大すみ守(九鬼嘉隆・志摩鳥羽)

二千人

藤たう佐度守(藤堂高虎・紀伊粉河)

千五百人

わき坂中志よ(脇坂安治・淡路洲本)

七百五十人

賀藤左馬介(加藤嘉明・伊予松崎)

七百人

来島きやう弟(久留島通之・通総・伊予来島)

二百五十人

菅平右衛門(菅達長・淡路岩屋)

千人

くハ山藤太(桑山一晴・紀伊和歌山)

同小てん次(〃〃貞晴・〃〃〃〃〃)

八百五十人

堀内あわのかみ(堀内氏善・紀伊新宮)

六百五十人

杉若伝三郎(杉若氏宗・紀伊田辺)

以上九千二百人

 

この文禄元年(1592)・慶長二年(1597)の二度の朝鮮侵攻に参加した淡路水軍菅氏(党)一族が大三島の「菅」氏のルーツ(1)です。

その根拠は「秀吉公に仕え禄一万五千石を賜り・・」とあるのと、『公室年譜略』に「菅は元、予州の牧一万五千石を領したとあり菅平右衛門は伊予で一万五千石を領していたことがわかります。

この予州の牧とは旧野間郡あたりと思われ現在の愛媛県東部の菊間から今治にかけての地域ではないでしょうか?

(全国の菅さんトピック=ミクシィの書き込みから)

大分県佐伯市にある浪太《なぶと》っていう所にあるんですが、そこは菅姓と児玉姓の人のみで形成された集落です。元は愛媛県の大三島出身?で海賊だったらしいです。それが何故だか漁に出て大分まで 来たらしくたどり着いたこの地を元々いた《なぶと》と名付けて住み着いたそうです。なので、愛媛にもなぶとっていう地名と《なぶと》神社っていうのがありその地がうちの菅家の根拠地なのだそうです。

伝承の地《なぶと》を探してみました。 

今治に波止浜町(はしはま)という地区がありますが波止浜=《なぶと》さらに「伊予の牧」「牧=牧場」につながる地名を見つけました波止浜町「馬刀潟」いかにも馬の繁殖地という感じがしませんか?今でもこの付近の野間町では野間馬が飼われています。

大三島菅氏のルーツはこの菅平右衛門が伊予で一万五千石を領していたこの地この時から始まったと結論ずけてもよいのではないでしょうか?

そうです!!菅水軍の一党が文禄、慶長の役(朝鮮出兵)の後支配地であるこの地にやって来て現在の菅氏に継るのです。

残念ながら伊予に封ぜられて間もなく関ケ原の戦いがあり、西軍方に組した菅平右衛門は短期間で所領を没収されたみたいです、当地には関ヶ原戦で敗軍となった菅氏の「菅平右衛門」伊予に牧の一万五千石の記録は残っていません。

菅平右衛門は関ヶ原の戦いで西軍に属しました、敗軍の将となり領地没収となりましたが、文禄・慶長役の折、同じ船手の将だった藤堂高虎の嘆願で救われました。

そして藤堂高虎に破格の五千石で仕える身となりましたが大坂城の堀埋めの現場を高虎が視察したところ、*菅平右衛門が数日のあいだ遅参して工事が遅れた。高虎が叱責すると、平右衛門は悪口を吐き斬りつける風情であった。

高虎はこれに立腹して平右衛門に切腹を命じた。これが半生を豊臣水軍として生きた平右衛門の最後であったようです。

藤堂家の記録『公室年譜略』 淡路・菅水軍の歴史より

此年、菅平右衛門当家に従属す。菅は元予州の牧一万五千石を領し、秀吉公高麗征伐の頃は船手の将にして公と座を同じくす。この度、石田が招きに応じたるによって禄を没収せらる。公朝鮮に於いて加藤侯と船戦功論の時、脇坂侯と同じく公に加担したるによってその後、懇遇たり。よって神君に歎訴あって封内に蟄居の事を庶幾し給い、免許を得て合力として五千石を賜う。慶長十九年、大坂冬の陣の節ゆえありて死を賜う。
私に曰く、*平右衛門は慶長十三年改封の上、伊勢津郭内京口門の西に邸を賜う。今の評定所 仁右衛門高刑と不和にして向かい同士互いに塀裏に武器を不慮に備えたり。公、この事を聞き給いてその邸間に倉庫を営せらるとなり。雑話なれども父・常輔予に語るによってここに記す。

 

一方伊予に残った菅党は菅原道真公由来の民として江戸時代より大三島神社の社務の要職に就いた一族もあり大いに一族繁栄し平成21年から現在まで今治市の市長(殿様)は菅さんですこれはすご〜〜〜い!

 尚、大山祗神社では先の擬神主〜修理行事を四職とよび。四職以外の上官社人(神太夫・樋口太夫・的射太夫・弥九郎太夫・勘太夫・福江太夫・片山太夫・久保太夫・六郎太夫・宮之太夫の一〇人)の座列は、補任状をもらった順番で代々廻り職分としてきまる。すなわち、早く補任状をとった者を古老と称して、先の一〇人のうち第一の古老から第六の古老までを六官とよぶ。しかし残りの四人も補任状をうけた順に獅子居殿に着座し、神前社役をつとめるのであった。
 これらの社務の要職についた社家は、十菅五越智といって菅家一〇軒と越智家五軒とがあたったものらしく、神職の継承には世襲ないし縁続を原則としていたようである。たとえば、菅福江太夫は文化八年(一八二五)に病身ゆえ退職隠居をねがって、十官御社人中へ「奉願口上」を提出した結果、大祝によってその願いはゆるされ、翌年その近親者井口村の常八が養子となり太夫に補任されている。

この大三島神社の十菅五越智こそが河野氏の伊予支配から豊臣支配へと権力が移行し菅氏一万五千石の領主になり河野氏(越智氏)より上位になった証ではないでしょう。









塩崎氏 佐伯氏 臼坂氏
近藤氏 青野氏 平塚氏
黒川氏